プロペシアの怖い副作用が気になる人に~とっておきの育毛成分まとめサイト

プロペシアの副作用まとめ HOME » 実はあった?!プロペシアの副作用 » 飲むのをやめても起こりうること

飲むのをやめても起こりうること

プロペシアの副作用のなかでも、服用中止後にも起こる可能性のあるリスクについてまとめています。

プロペシアの服用後でも注意すべき副作用がある

AGA(男性型脱毛症)の進行を停滞させる効果のあることで知られるプロペシア。服用をやめた後にも副作用の危険性があるのが、プロペシアの特徴でもあります。

とくに注意しなければいけないのが、フィナステリド症候群です。

服用したすべての人に症状が現れるわけではありませんが、プロペシアの主成分・フィナステリドによる後遺症です。

プロペシアの副作用としては、2%から5%の人に性欲減退のほか、精子減少や勃起不全などの男性機能障害、また、肝機能障害などの副作用が現れることが知られています。

これらの副作用に見舞われると、当然、服用を中止するわけですが、フィナステリド症候群は服用をやめたときに現れる後遺症です。

副作用が出たことで使用をやめたとします。すると、その10日後から20日後の間、副作用の症状は治まります。

ですが、そこで安心してはいけません。

男性機能・精神面への影響も

実は服用中止後、数週間から数か月後にホルモンバランスが崩れ、性腺機能が低下してしまうことがわかっているのです。

プロペシア自体の副作用同様、性欲減退や勃起不全、精子減少のほか、フィナステリド症候群特有の症状としてオーガズムの消失、性器の萎縮、乳房の膨張、慢性疲労、皮脂減少、体温低下などの症状が現れます。

なかには、うつ症状や理解力の低下などの症状が見受けられるケースも。

プロペシアの服用を中止することによって脱毛の進行を止められないばかりか、男性機能の喪失や精神面へのダメージをうけるなど、まさに百害あって一利なし。

すでにプロペシアを服用されている方、または副作用が現れて服用をやめてしまった方は、できるだけすみやかに医師と相談し、適切な処置をうけましょう。

 
本当は怖い?!プロペシアの副作用