プロペシアの怖い副作用が気になる人に~とっておきの育毛成分まとめサイト

プロペシアの副作用まとめ HOME » 実はあった?!プロペシアの副作用

実はあった?!プロペシアの副作用

男性型脱毛症(AGA)用薬として知られる、プロペシアの副作用の有無などについてまとめています。

あなたにも起こるプロペシアの副作用にまつわる怖い話

このカテゴリでは、プロペシアの副作用にかんするさまざまな情報を紹介しています。

そもそもプロペシアとは、アメリカの製薬会社・メルク社が開発したAGA治療薬。60か国以上の国々で認可されているように、そのAGA治療効果は世界的に認められています。

日本でも、1年間プロペシア1mgを服用し続けることで58%の改善効果があったとの臨床結果があり、その改善率は2年間で68%、3年間で78%と、長期にわたればわたるほど如実に現れているようです。

このプロペシアの主成分となっているのが、フィナステリド。前立腺肥大の薬としても使われている成分で、アメリカやメキシコに自生するノコギリヤシが原料です。

一見、抜け毛に悩む男性にとっては究極の薬のようなプロペシアですが、実はこのフィナステリドには副作用が。

それも男性機能の低下を招いたり、精神状態が不安定になったりといった、少し怖い症状を引き起こす可能性があるのです。

単なる都市伝説や噂ではなく、アメリカ食品医薬品局(FDA)などの公的機関も副作用のあることを認めています。

しかし、服用したひとすべてに症状がおとずれるわけではないので、まずはしっかりと効果と危険性について理解し、そのうえで使用の可否を判断するようにしましょう。

 
本当は怖い?!プロペシアの副作用