プロペシアの怖い副作用が気になる人に~とっておきの育毛成分まとめサイト

プロペシアの副作用まとめ HOME » 髪と引き換えに失うもの~プロペシアの副作用一覧~ » うつ

うつ

プロペシアの服用によって、副作用として「うつ」症状が生じると言われています。実際には、うつ以外にも様々な性格変化が見られるようです。

意外によく見られる副作用?プロペシアによる「うつ」症状

製薬会社MSDが発売するプロペシアの添付文書には、副作用の中に「抑うつ症状」と記載されています。抑うつ症状とは、うつ症状が2週間以上続く状態のことです。

添付文書には、それ以上の詳しいことは書かれておらず、そこだけ見れば頻度の少ない副作用と思われがち。しかし実際には、プロペシアを服用中の人の性格が変わるという現象は多々見られます。

性格が変わると表現しましたが、それは必ずしも抑うつ症状だけではないからです。

怒りっぽくなる人もいれば、攻撃的になる人もいますし、重度のうつ症状に陥る人もいます。性格が変わるとしか言いようのない変化を、身近にプロペシアを服用中の人がいる方はご理解頂けるでしょう。

性格変化から家庭不和へと発展し、離婚に至ったケースもあるようです。それほど強く性格が変わる人もいるのです。

科学的根拠がない以上、これらはかならずしもプロペシアの副作用とは言えないのですが、明らかにプロペシア服用直後から急激に変化する人も多いため、やはりまったく因果関係がないとは言えないでしょう。

重度のうつ状態から自殺に至ったケースも見られるため、軽々しく扱うべきではありません。

プロペシアがうつを招くメカニズムとは?

なぜプロペシアが「うつ」をはじめとした性格変化をもたらすか、という点については、現在のところ確認されていません。プロペシアに含まれる主成分のフィナステリドの影響であることは間違いないでしょう。

推測的に言われている原因は、フィナステリドの作用によるホルモンバランスの乱れです。

フィナステリドには、DHTという薄毛を招く物質を抑制する働きがありますが、DHTは男性ホルモンとは親戚のような関係。

フィナステリドが男性ホルモンに直接作用を及ぼすわけではありませんが、結果として、男性ホルモンのあるべき働きを阻害していることは確かです。

近年、フィナステリドはDHTだけではなく、他の様々なホルモン系統に影響を与えているのではないかと言われています。まだ研究段階ですが、もしそうならば、すべてが腑に落ちます。

女性ホルモンが急激に乱れる更年期では、怒りっぽくなる、攻撃的になる、重度のうつになるといった性格の著しい変化が多く見られます。つまり、ホルモンバランスが乱れると、人は性格が変わってしまうのです。

プロペシアが直接ホルモンバランスを乱しているかどうかについては、研究結果を待ちましょう。

 
本当は怖い?!プロペシアの副作用