プロペシアの怖い副作用が気になる人に~とっておきの育毛成分まとめサイト

プロペシアの副作用まとめ HOME » 髪と引き換えに失うもの~プロペシアの副作用一覧~ » 肝機能障害

肝機能障害

プロペシアの副作用として、肝機能障害が特に指摘されています。詳しく見てみましょう。

プロペシア最大の副作用~肝機能障害~

唯一「重大な副作用」と題して、プロペシアの添付文書に「肝機能障害」が明記されています。以下、添付文書より該当部分を全文抜粋します。

重大な副作用(頻度不明):肝機能障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行なうこと。

プロペシアの服用による重大な肝機能障害は、日本国内ではまだ確認されておらず、海外における自発報告とのことです。

とはいえ、日本病院薬剤師会においても、プロペシアの主要成分であるフィナステリドに、肝臓への「重篤な副作用」があるとしているところから、少なくとも軽視できるものではありません。

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、服用されると肝臓で代謝されます。異物が肝臓に侵入してくるわけですから、なんらかの影響があっても不思議ではありません。

他臓器と同様、肝臓の代謝機能にも個人差があるわけですから、フィナステリドに過剰反応して重篤な機能障害を起こす人もいないとは限りません。

なお、医療現場の看護師から、プロペシアの副作用と思われる重篤な肝機能障害がみられた患者を診たことがあるとの声もあります。

あくまでも看護師の経験に基づく推測に過ぎませんが、プロペシアを使用する側にとってみれば、気になるところです。

どのようなメカニズムで肝機能を侵すのか?

プロペシアが肝機能に影響を与えるメカニズについては、現在のところ不明です。

すでに説明したように、薬効成分であるフィナステリドが肝臓で代謝されるということは確かですが、これはフィナステリドに限らず他の飲み薬でも同じこと。可能性として、どんな飲み薬にも付随する副作用「薬物性肝障害」を指しているのかも知れません。

もとから肝臓の弱い人、また、アルコール常習によって常に肝臓に負担をかけている人などは、プロペシアの服用を見送ったほうが良いかと思われます。

添付文書には記載されていませんが、実際、医療の現場では、プロペシアの副作用と思われるEDを訴える患者さんが多いと言われています。

服用に際しては、医師から副作用の説明があるはずなので、十分にリスクを理解したうえで服用しましょう。

 
本当は怖い?!プロペシアの副作用