プロペシアの怖い副作用が気になる人に~とっておきの育毛成分まとめサイト

プロペシアの副作用まとめ HOME » 髪と引き換えに失うもの~プロペシアの副作用一覧~ » ED

ED

プロペシアを服用して起こりうる副作用のひとつに、ED(勃起不全)があります。

すべての人にその兆候が現れるわけではありませんが、プロペシアを服用する人はそのリスクについて知っておくべきでしょう。

製造メーカーが明記する副作用としてのED

MSD(旧・万有製薬)から発売されている「プロペシア錠0.2mg」「プロペシア錠1mg」、および、ファイザーが発売しているプロペシアのジェネリック「フィナステリド錠0.2mg」「フィナステリド錠1mg」の添付文書には、男性生殖機能に対する副作用が記載されています。

具体的には、勃起機能不全(ED)、リビドー(性欲)減退、男性不妊症、抗がん痛、精液の質低下、射精障害、精液量減少などです。これらの中でも、とくに勃起機能不全とリビドー減退については、プロペシア錠(フィナステリド錠)の服用中止後にも、副作用として続いたとの注釈も併記されています。

副作用としてのED発症率は、服用者全体の0.7%ほど。この数値を「低い」と感じる人もいるかも知れませんが、そもそも日本の厚生労働省が認可した正式な医薬品において、副作用の発症率が1%近いというのは、決して低くはありません。

また、副作用は、ある・ない、と単純に分けることは不可能です。軽度のEDも含めれば、さらに発症率が高くなる可能性もあります。

プロペシア服用によるED発症のメカニズム

AGAは、テストステロン(男性ホルモンの一種)と、Ⅱ型5α-リダクターゼが合体して生まれるDHT(ジヒドロテストステロン)の作用によって発症します。

プロペシア錠(フィナステリド錠)は、Ⅱ型5α-リダクターゼの働きを妨げ、DHTの生成を抑えます。DHTの生成が阻害されれば、抜け毛も抑制され、AGAも改善していくというのが発毛・育毛効果の背景です。

AGA改善という観点だけから見れば、DHTの抑制は大変歓迎すべきことです。

しかし、その一方で、男性生殖器の健全な働きをサポートする役割を持つDHTが減少することによって、薄毛は改善されつつもEDなどの副作用が発症することは、理屈上、十分に考えられます。

むしろ、自覚症状のないほど軽度なEDまで含めれば、プロペシア錠を服用するほとんどの人に発症していても、なんら不自然ではない副作用なのです。

添付文書には記載されていませんが、実際、医療の現場では、プロペシアの副作用と思われるEDを訴える患者さんが多いと言われています。

服用に際しては、医師から副作用の説明があるはずなので、十分にリスクを理解したうえで服用しましょう。

 
本当は怖い?!プロペシアの副作用