プロペシアの怖い副作用が気になる人に~とっておきの育毛成分まとめサイト

プロペシアの副作用まとめ HOME » 髪と引き換えに失うもの~プロペシアの副作用一覧~ » 体毛

体毛

ここでは、プロペシアの副作用として、体毛の変化をまとめました。体毛は濃くなるのか?それとも薄くなるのか?いったいどちらなのでしょう。

プロペシアは体毛を「濃くする」「薄くする」のどっち?

プロペシアの服用によって、頭髪が濃くなるという研究成果は多数出ていますが、頭髪以外の体毛に関しての研究は進んでいません。そのため、プロペシアの服用によって体毛が「濃くなる」という説と、「薄くなる」という説が混在しています。

噂の段階でも正反対の意見が交錯している以上、実際には、あまり影響がないのかも知れません。濃くなった、薄くなったというのは、勘違いの可能性があります。

ただし、理論上は、実はプロペシアで体毛が「薄くなる」ということは、ありえます。逆に「濃くなる」ということは、理論上はありません。

ポイントは、男性ホルモンに関連して働くDHTという物質です。

DHTとは、薄毛の原因を作っていることで知られる物質。DHTの量が増えて活動が活発になれば、ヘアサイクルが乱れて頭髪は薄くなってきますが、同時に、DHTの量が増えると、体毛は濃くなっていきます。

つまり、DHTの量が増えれば「頭髪が減る」「体毛が増える」という現象が生じやすくなるということです。

これは、逆に言うと、DHTの量が減れば「頭髪が増える」「体毛が減る」という現象を導くがあるということ。

プロペシアにはDHTの生成を抑え、その活動を大人しくさせる働きがあります。したがってプロペシアを服用すると、「頭髪が増える」代わりに、「体毛が減る」ということが考えられるのです。

それでも「体毛が濃くなった」という人は?

クリニックでAGA治療を行っている人の多くは、飲み薬としてプロペシア、塗り薬としてミノキシジルを併用しています。

プロペシアには、上記の理屈で「体毛を薄くする」作用がありますが、逆にミノキシジルには、「体毛を濃くする」作用があります。

ミノキシジルは血行を改善させて発毛を促す薬。それを服用し、頭部の血行が良くなれば、頭髪が生えてきます。薬の作用で、体に対しても血行を良くし、その部位の毛をよく伸ばすということがあります。

プロペシアを飲んで「体毛が濃くなった」という人は、実はミノキシジルの副作用と混同しているのかもしれません。

 
本当は怖い?!プロペシアの副作用