プロペシアの怖い副作用が気になる人に~とっておきの育毛成分まとめサイト

プロペシアの副作用まとめ HOME » 髪と引き換えに失うもの~プロペシアの副作用一覧~ » 胎児への影響

胎児への影響

妊娠中の女性がプロペシアを服用すると、胎児に重大な副作用をもたらす可能性があります。取り扱いには十分に注意しましょう。

DHT低下作用によって胎児に重大な副作用の可能性

プロペシアの代表的な副作用の一つに、胎児への副作用が指摘されています。

胎児とは、まだ母親のお腹の中にいる子供のことですから、副作用を招く経路としては、父親ではなく、母親を経由することになります。母親がプロペシアを飲んでしまうと、胎児に副作用が生じるということです。

以下、プロペシアの添付文書から抜粋します。

本剤を妊婦に投与すると、本剤の薬理作用(DHT低下作用)により、男子胎児の生殖器官等の正常発達に影響を及ぼすおそれがある

※プロペシア添付文書より引用

プロペシアは、男性ホルモンと近い関係にあるDHTという物質の生成を妨げます。DHTは男性型脱毛症AGAの原因物質でもあるため、これが生成されなければ、抜け毛は減少します。

ゆえに、DHTの生成を抑制するプロペシアは発毛・育毛に効果的ということで、使用されているのです。

ただこのDHTは、薄毛を進行させるために無為に生成されているわけではなく、もともとは「男性の生殖機能の正常な維持」のために存在している物質です。

大人が服用した場合でも、精子の減少やED、性欲減退などの副作用が報告されていますが、胎児の場合はその前段階。まだ生殖器が作られている最中です。ここにプロペシアが届くと、生殖器が正常に作られなくなる可能性があります。すなわち、陰茎の形成不全(奇形)を招くリスクがあるということ。

さらには、形状の不全だけではなく、精子が作られないなど、生殖機能自体が未完成のまま産まれるといったことも考えられるのです。

触るな!プロペシア

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、脂肪に溶けやすく分子量が小さいことから、いわゆる経皮吸収が起こりやすいと言われます。経皮吸収とは、皮膚から成分が体内へ取り入れられることを言います。

そのため、プロペシアの添付文書には次のような注意が記載されています。

本剤が粉砕・破損した場合、妊娠または妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人は取扱わないこと

※プロペシア添付文書より引用

経皮吸収による胎児への副作用の恐れがあるため、妊婦はプロペシアに触ることもいけないのです。

薬剤がコーティングされた状態のままであれば、経皮吸収は起こりませんが、粉砕・破損した状態だと、成分が皮膚から浸透していく可能性があるので、取り扱いには十分に注意してください。

男性は、奥様に内緒でプロペシアを服用することのないよう、配慮してください。

 
本当は怖い?!プロペシアの副作用