プロペシアの怖い副作用が気になる人に~とっておきの育毛成分まとめサイト

プロペシアの副作用まとめ HOME » プロペシアよりも効果ある? 副作用のない育毛成分リスト » グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウム

育毛剤に使われている、副作用のない成分「グリチルリチン酸ジカリウム」について紹介しています。

髪の毛の育ちやすい頭皮環境を整える

グリチルリチン酸ジカリウムとはカンゾウの根茎から抽出された成分で、グリチルリチン酸の誘導体にこと。

水に溶けやすいのが特徴で、抗炎症作用、抗アレルギー作用、抗皮膚炎作用があることが知られています。

グリチルリチン酸ジカリウムそのものには育毛作用はありません。

では、なぜこれが育毛剤に使用されているのかというと、皮脂が原因の頭皮トラブルに有効だから。

数多の皮脂が過剰に分泌してしまうと、脂で毛穴が詰まってしまいます。そのままの状態だと皮脂は酸化。

皮脂が酸化すると毛穴に炎症を引き起こし、これが抜け毛の原因のひとつになっています。

こうした皮脂が原因の抜け毛を防ぐために、抗炎症作用の高いグリチルリチン酸ジカリウムが育毛剤などに配合されているのです。

直接、育毛に作用することはないものの、髪の毛が育ちやすい、また抜けにくい頭皮環境にするためには必要不可欠な成分といえるのではないでしょうか。

ニキビやアトピーなどの肌トラブルの治療をはじめ、化粧品や石けんなどの美容にも使われている成分なので、からだへの負担もありません。

ただし、副作用はないものの、グリチルリチン酸ジカリウムは薬事法で配合比率が規制されている成分でもあるので、あまりも極端に高配合されたものには気を配っておいたほうがよいでしょう。

グリチルリチン酸ジカリウムのおすすめ育毛剤

セファニーズ5α セファニーズ5α画像
 悪玉男性ホルモンの影響による抜け毛の原因・退行期誘因子をブロックし、脱毛を予防。同時に、グリチルリチン酸ジカリウムで炎症を抑え、カプサイシンや加水分解卵殻膜で毛乳頭の活性化や増殖を促進し、総合的に育毛を目指します。
CHAP UP(チャップアップ) チャップアップ画像
皮脂による炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムをはじめ、細胞分裂促進作用のあるとされるセンブリエキス、血行促進作用のあるとされるジフェンヒドラミンHCなどを配合。無添加無香料で、頭皮に悪影響のある成分は一切不使用。
 
本当は怖い?!プロペシアの副作用